手放す春

あれれ!
気づけば3月も終わりに近づいていますよビックリ。

体調を崩したままスタートした年明けから、
プライベートごたごた色んなことが重なり…
(まあ大抵、ごたごたは重なるものです)
慌ただしいまま3か月。

家族、友達、仕事の仲間に、
ちょいちょいガス抜きさせてもらいながら、
少し落ち着いてきたところで、
新しい作品(本)のことや
これからのことに向き合えるようになってきました。

「不惑の四十路」になって数年、
「不惑」どころか惑いまくりの自分でしたが、
「もうこれ以上、もてない!」と、
いろいろ手放しはじめたら、
あまり惑わなくなってきました。

人間、両手に抱えられるものは、
そんなに多くはないのだと。

これまで、
「いやだなあ」「無理だなあ」と思っても、
「どう思われるかな」「なに言われるかな」を、
わりと気にしてばっかりだったので、
そういう気持ちも含めて、
腕いっぱい抱えすぎてしまったものを手放す春。

もうすぐ桜が咲きます。

次は、新しい本のお知らせをします📚

小谷ふみ

2019年3月20日