本屋さんとわたし

聖蹟桜ヶ丘の町のことと同時に(前回の記事を参照)、
ここに書いてゆきたいと思っているのが、
《本屋さんとわたし》です。

「紙の本、本屋さんとともにある もの書きでありたい」
というのが小谷の信念の一つであるため、
今、お世話になりながら、ともに歩み、
育ててくださっている書店さんとのことを、
ちゃんと記してゆきたいと思うのです。

少しずつ、
姿を消しゆく「どんな本でも売ってる」町の本屋さん。

でも、その一方で、
「あんな本なら売ってる」町の本屋さんが、
静かに、でもどっしりと町に根を下ろしています。

「探していたものとは違うけど、出会ってしまったから」

本と目が合い、連れ帰ってしまう。

そんな、本との出会いを。
本屋さんで。