2021年 春の報-桜の季節過ぎて-

久しぶりの更新です。なんと昨年末ぶり。
色んなことがありすぎて、何から書けばよいやら。

まずこの春、息子が高校卒業。

離婚だ、難病だ、イベント多めの私の人生、
息子を乗せ必死に舟を漕ぎ、沈没しかけては、
色々な人に助けられ、
息子自ら泳いでいかれるとこまで来ました。

私たちに関わってくださった皆様、ありがとうございました。

子育てが終わりゆくことに、
涙で目まで流れかけましたが、晴れやかに卒業式。

そして、その2週間後。
息子巣立ちの前々日に、病気が再発という…

子育てひと区切りのご褒美どころか、
春の京都も入学式もぶっ飛び、
空の巣の心を地面に叩きつけられたようでした…

息子は、私の元を、東京を離れ、
ひとり、京の都、憧れの自由とカオスの大学へ。

そして、今は新緑の5月。

世は相変わらずのコロナですが、
あんなに、かなしかった桜色の春はちゃんと遠ざかって、
今は、体調はぼちぼち、ようやく心は元気に過ごしています。

さあ、あれもやるんだ。
そうだ、これもやるんだ。
…とコロナが終わったら。
(早く……終わって!)

しばし、おとなしく自粛、庭いじり。
無になり、楽しいですね、土いじり。


連載「あなたのいない夕暮れに」も、がんばってます。


なるべく、四季の始まりには、
ここに近況などお知らせしてゆきたい所存。

次は、夏に。
みなさま、お元気でお過ごしくださいね。


2021年5月7日
小谷ふみ

2020年 冬の報ーweb連載『あなたのいない夕暮れに』

2020年、暮れてきましたね。
お忙しいなか、ホームページに来てくださり、
ありがとうございます。お元気ですか。

私はコロナながら、再発もなく平和な1年でしたが、
先日、年末に来て、祖母が亡くなりました。

98歳の大往生で、みんな泣きながらも、
笑顔で見送ることができました。
「長生き」の意味は、周りが寂しいながらも、
最期は笑顔で見送ることが出来ることに、
あるのかもしれないなんてことを思いながら。

そんなわけで、
新年のご挨拶は控えさせていただきます。
どうぞみなさま、健やかな1年を。

そして、表題の通り、
ただいまweb連載を担当させていただいています。

手紙風のエッセイと訳詩を書いています
ステイホームの年末年始、
読んで(聴いて)いただけたら嬉しいです。

web連載【あなたのいない夕暮れに】

第1回 草葉はそこに佇むだけで
http://yori.so/voiceletters/grass/…

第2回 宝ものを握りしめて
http://yori.so/voiceletters/dearest/…

第3回 100年の月日が流れたら
http://yori.so/voiceletters/100years/…

第4回「希望」は柔らかな羽をまとって
http://yori.so/voiceletters/hope/…

第5回「降り積もる歳月は」
https://yori.so/voiceletters/pile-of-years/

月に一度の更新です。
新年からの続きもどうぞ、ご一緒に。


小谷ふみ





2020年 夏の報ー詩集「あなたが小箱をあけるとき」ー

詩集    「あなたが小箱をあけるとき」
言葉    小谷ふみ
製本・刺繍 Bindery kuutamo
税込       1000円

春生まれ(春の製本分🌸)を、
欠品していた書店さんにお届けしました(やっと🐌)

「青と夜ノ空」 (web shop)
https://aoyorusora.thebase.in/items/20574716

「よもぎBOOKS 」(三鷹 & web shop)
https://yomogibooks.com/items/5e1adc27d790db1c8435e430

「まどそら堂 」 (国分寺)
https://www.facebook.com/madosorado/

どこかで、出会っていただけますよに🍀

小谷ふみ

2020年 春の報ーコロナお見舞い申しあげますー

コロナの日々、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

我が家は3か月の、夫のリモートワーク、息子の休校を経て、
緊急事態宣言の解除とともに、二人は社会復帰(?)へ。

医療従事者の皆様に感謝しつつ、
私たちは3か月、どこにも行かれなかったけれど、
家族だけで過ごす時間は、充実もしていたし、
よい時間でした。

早寝早起き、3食一緒にご飯を食べて、
海外ドキュメンタリーやドラマにハマったり、
夕方、川沿いを散歩をしたり、
毎晩、寝る前にヨガをやったり。

時に、ムードがよろしくなくなった時は、
3人バラバラの時間を過ごし、気配を感じて。

でも、ずっとこのままでは、社会も人生も成り立たないので、
再び、二人を外に送り出し迎えるモードに切り替えつつあります。

私自身も、3度のメシ作りや、
家庭のコントロール(時間やムードの)からは解放されたので、
「読む時間」と「書く時間」をなるべく持つようにしています。

「読む時間」については、
英語の小説と、外国語の詩に、とうとう手を出まして、
今までとは違う景色を、ほほう…と楽しんでいます。
詩に関しては、ちょっと翻訳のような二次創作もしつつ。

「書く時間」については、を、
なるべく毎日書いています。
毎日、なるべく…はい。

ここ数年、365個の詩とエッセイを揃えようと、
書いては書き忘れ、放置し…を繰り返してきました。
これは、なかなか続かないダイエットや筋トレに似ています。

季節や日々のうつろいを、
一緒に眺めていただけるような作品を、
いつか、お届けできますように。


1日も早い収束を願いつつ、
みなさまの健やかな日々を祈っております。

今日はこのページを訪れてくださって、
ありがとうございました。


2020年5月28日 小谷ふみ



2019年 冬の報ー【2020年カレンダー】ー

見てくださり、ありがとうございます。
小谷ふみです。

実は、今年10月に持病が再発。
色々お休みしている身なのですが、
作りかけだった2020年カレンダーが気になって、
一緒にやってるデザーナーに連絡してみたら、
カレンダーのデータが完成していました(涙)。

世に生まれるのを待っている作品の命と、
彼女の愛ある仕事を、
お蔵入りになんて出来ないや!と
力が湧いてきて、一気にカレンダー準備&書店さんに納品しました。

(年末、残り少ない営業日の中、
 取り扱いくださる書店の店主の皆様には感謝です…)

今年で4年目、写真と小さな言葉の2020年カレンダー。

手にしてくださる方の、
健やかで穏やかな日々への願いを込めておくります。

写真・言葉  小谷ふみ
デザイン   sister-F
サイズ    A4サイズを4分割=Iヶ月が12枚
価格     1000円(税込) クリップ付

     
◎取扱書店◎

◎青と夜ノ空(東京吉祥寺・web販売あり)
http://www.aotoyorunosora.com

◎七月堂(東京・明大前・web販売あり)
https://shichigatsud.buyshop.jp

◎まどそら堂(東京・国分寺)
◎クルミドコーヒー(東京・西国分寺)

◎touca(web販売のみ)
◎book cafe Bookish(沖縄)

よかったら、12ヶ月のおともに。
来年もどうぞ、よろしくお願いします。

小谷ふみ

2019年 春の報ー新作詩集「あなたが小箱をあけるとき」(私家版)発刊

このたび新しい詩集
「あなたが小箱をあけるとき」を発刊しました

言葉  小谷ふみ
製本  kuutamo
絵   文野翳
定価  1000円

内容はこれまで創作した詩に
書きおろしを加えた全14篇

製本は公私にわたり仲良くしてもらっている
製本家「kuutamo」さんによる
「和綴じ」の手製本です
kuutamoさんオリジナル「刺繍」の和綴じ
『刺繍の詩集』(ダジャレ?)でもあります

さわさわ手に触れる草みたいな表紙の紙と
クローバの刺繍が自慢です♡

私家版で、手製本ということで
数冊単位で少しずつ少しずつ
お世話になっている書店さんに置いていただく予定です
(取り扱い書店さんはまた追って)

ーーーーーーーーー

赤い本「やがて森になる」
青い冊子「月の光」
白い本「よりそうつきひ」

に加え、新たに、
緑の本「あなたが小箱をあけるとき」

いつも一緒にいるわけではないけれど
人生の「喜怒哀楽」「花鳥風月」「春夏秋冬」を
ともに生きている
友や大事な人をおもって綴り、編んだ詩の作品集です

どうぞよろしくお願いします

小谷ふみ

2019年のご挨拶

2019年
あけましておめでとうございます

年末年始
風邪をひいて過ごしまして
年始からHPの充実を目標にしていたのですが
しょっぱなから出遅れてしまいました…

振り返ると昨年は
春に本「よりそうつきひ」を出版しました

ご支援、応援してくださった皆様
本当に、ありがとうございました

言葉は白い本の形を得て
一冊、一冊と必要としてくださるもとへと
旅立っています

そして
夏(8月)に国分寺の古書店「まどそら堂」さんと
展示販売とイベント「ふみとロウソクの夢」を開催

冬(12月)に三鷹の書店「よもぎブックス」さんにて
個展ことば展「だったらいいな」を開きました

初めましての方も
初めましてではない方も
たくさんの方にお会いできて
とてもいい時間を過ごすことができました

ありがとうございました

プライベートも
家族をサポートせねばならぬ大事に節目があったりと
私にしてはかなり「動」な2018年でした

今年は初心にかえって
じっとりじっくり「書く」1年にしようと思っています
呼吸と書くことを自分のペースに整えてゆきます

SNS全般は
どうも自分の速度が乱れてしまいがちなので
時々おやすみしながら
ここ自分のホームでお知らせなど
更新して行こうと思っておりますので
どうぞよろしくお願いいたします

それでは2019年
今年は新元号にもなりますね
よい1年になりますように
よい時代をお迎えください

小谷ふみ

2019年1月8日

イベント【小谷ふみ ことば展】2018.12/5-12/16

2018年年末「よもぎBOOKS」さん(三鷹)と
小谷ふみことば展をひらくことになりました

【小谷ふみ ことば展12/5水〜12/16日】
これまでしたためてきた言葉をよもぎさん店内に展示します

「これいいね」「なんか気になる」の言葉に
ペタンと付箋を貼っていただく、来場者参加型の展示です

また期間中の12/8に土はADAN LETTERPRESSさんと
『詩と活版印刷のライブ』13:00-15:00(要予約)もあります
*クッキーおやつ、お茶、活版印刷の出来たてホヤホヤの詩の葉書つき
*参加費1000円

みなさまにお会い出来るのを
楽しみにしております

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【ふせんの数140枚】
お客様参加型のことば展
お開きとなりました

よもぎブックスのお客さま
私の仲間・友人たち
初めましてのお客さま
そして
よもぎブックスさん

言葉ゆらめく心地よい時間と空間を
ありがとうございました

140の跡を胸に
また数年後
ことばの続きを

よもぎ万歳_φ(・_・🌿‬♡

 

イベント【ふみとロウソクの夢】2018.8/23-8/27

「この世はもしかして夢なんじゃないか?」
そんな風に感じることはありませんか(私はいつもです)

そんな感じ(どんな感じ?)のイベントを
真夏の古書店「まどそら堂」さん(国分寺)とやります

題して【ふみとロウソクの夢】8/23(木)〜8/27(月)

内容①小谷ふみ新作の小冊子
『うたたねのうたかた』(私家版)の展示と販売
”夢とほんとの間”に揺らめく
ちょっと不思議な作品をいくつか小さく綴じて(一部300円)

内容②座談会【不思議なお話の会】
ロウソクの灯りをたよりに
夜の古書店で暗闇お話し会

8/26(日)19時〜21時
参加費1000円 (冷たいお茶と夏の駄菓子付)
持ち物は懐中電灯と不思議なお話ひとつふたつ
(ホラーオカルトサスペンス幅広く可)
(聞いてるだけも可)
お面や浴衣での参加歓迎

✳︎✳︎✳︎

期間中(8/23-8/27)は小谷作品他
まどそら堂店主チョイスの怖い?楽しい?
不思議な古書が並びます(たぶん)

蜃気楼みたいな日々に、ちょっと涼みに国分寺まどそら堂へ
真夏の夜の夢
灯りを消してお待ちしてます

まどそら堂  イベントページはこちら

8/26(日)の参加申込は
まどそら堂か小谷へ

皆さま
とにかく暑い毎日ですが
よい夏をお過ごしくださいね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

満員御礼【古書まどそら堂×小谷ふみ】
イベント「ふみとロウソクの夢」
みなさんと暗闇で小さな明かりを囲みながらお話
とても、不思議ないい時間となりました

まどそら堂のご夫婦
来てくださったみなさま
ありがとうございました!

またお会いしましょう!

小谷ふみ

 

 

小谷ふみwebsite「ふみよむつきひ」成長中

春です。4月ですね。
新年度、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、お気づきでしょうか…
小谷ふみホームページ「ふみよむつきひ」
リニューアル中です!

新しくしようと思ってから、
たぶんもう3年くらい経っていますが、
途中、ぜんぜんうまく行かなくて、
しばらく放置したり、見て見ぬふりしたり、
時にぐずぐず泣いたり怒ったりしながら、
なんとかここまでたどり着きました。

もっとちゃんと完璧になってから
公開するつもりでしたが、
そんな日は当分訪れそうにないので、
このいじくりまわしている感も、
見守って頂けたらと思います。

まだ写真などもきちんと入っておらず、
お見苦しい点も多々あるかと思いますが、
見るたびにどこかしら成長しているHPということで、
どうぞよろしくお願いいたします!

小谷ふみ