扉の言葉

【扉の言葉】
雑誌や冊子のオープニング
扉の言葉を書きます

扉の言葉はその世界へ入ってゆく
魔法の呪文のように

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

『街に恋する』

どこからか、

ふわふわと、揺れる草木の匂い。
ぱらぱらと、本をめくる風。
ころころと、こぼれる笑み。
ぱたぱたと、無邪気な足音。

そこは、空に腰かけた街。

誘われるように、
風と出会い、
音に触れ、
色と遊ぶことに、
時を忘れた。

「もう少し、あなたといたい」

太陽を見送った夕暮れに、
ゆらゆらと、灯りを囲む。

出会いの一日が暮れて深まる。

「また、あなたに会いたい」

そっと指きりを交わす。

それは、
街に恋した、青空のお話。

(立川ルミネ 「あおぞらガーデン 」リードテキスト より)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

『水のつむぐ輪』

湧き水のほとりで育った野菜は、
どこか育てた人に似ている。

ほほ笑む人参や玉ねぎを、かごいっぱいに詰めこんで、
お堂の脇の坂道を、一歩一歩のぼる。

隣りまちの横顔が美しく見える坂の上で、
きれた息を整えながら、来た道を振り返り、
もう小さな過去となった景色を眺める。

ふと、
「あなたは、なにをしているかな」
このまちで暮らし働く、
こころ隣りあう人びとの横顔が浮かぶ。

降った雨が、土の奥へと染みてゆく。
目には映らないその流れは、静かに巡り、
ふいに湧き出る水になる。
それは、誰かの心のぬくもりに気づくとき。

心のせせらぎを感じながら、
約束しなくても会える場所に、
明日は、あなたのほほ笑みを迎えに行こう。

そうやって、
このまちの時はめぐり、
このまちの心はつながる。
このまちと生きている。

(けやき出版 雑誌「たまらび」国分寺市特集より)